スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0)
<< 隠アニメ最終回見ました | main | 隠アニメDVD3 オーディオコメンタリー >>
隠の王アニメ第26話「心紡いで」感想
隠の王アニメ最終回の感想です。


……凹みました。
そして、泣きました;;
本当は宵壬を叫びたかったんですけど…。


今回の感想、過去最高に長いです!!











宵風……!!!!!


消えて…しまいました……… il|li_| ̄|○il|li



もう、何でーーーっっ?!!!っていう気分です;;
ハッピーエンドじゃなかったの?!!
壬晴と一緒にお好み焼き食べながら幸せに暮らしていくと思ったのに!!!

こういう結末しかなかったの?!!
壬晴、一緒に生きていきたいって思ったんでしょ?!!
何で助けてくれなかったの!!
監督さん……ひどいよ……(T_T)

ていうか今回、最初一気に宵風死亡フラグが立ったので、ずっとテンション沈んだまま見てました(^_^;
どうにか結末が変わらないかな、と期待したんですけど……無理でしたねorz
何かもう、いろいろ叫びたいですが、とりあえずいつも通り順を追って感想を。
アニメ感想これで最後だし、とことん書き尽くします!!ww


※一部、前に書いたGファン感想と被る文面がありますが、こちらは基本ネタバレなしで書いてるので許してください(>_<)










最初、壬晴と宵風の教会のシーンから。


壬晴のことを激しく拒絶する宵風。
「来るな!」とか「黙れ!」とか、まるで初期のような雰囲気の宵風に萌えました……すみませんいきなりマイナーな感想で;;
鋭い雰囲気の宵風も好きなんですよね。
壬晴に続いて今度は宵風が自暴自棄になってます(T_T)

そして、壬晴が言います。
「俺が宵風の望みを叶えたいと思ったのは俺の意志だ。だって宵風は俺の大切な友達だから!」

ここの「友達」が、私の脳内では「恋人」に自動変換されました(笑)
宵風、すごい驚いてましたね。
このあたりの壬晴のセリフは、本当に宵風にとって救いになったんだろうな…と思います。宵風は、まわりが自分をどう思っているか全然気づかなかったから。
というより、気づいてても認めようとしなかった、っていうのが正しいのかな。
ここで、原作と似たセリフもいくつか入ってましたね。
壬晴が全部言ってくれたので驚きました。


ただ……
「本当は消えて欲しくなんかないけど、宵風がそうして欲しいと願うなら、それも叶えてあげたいと思うんだ」
この壬晴の言葉が、個人的に引っかかるんです;
14歳の壬晴が、そうすぐに割り切れられるものなのかな?と思って。
何だか、アニメの壬晴って原作より冷静じゃないですか?気のせい?;;
宵風が大事だから、壬晴は宵風の思いを尊重したわけで。それはわかるんですけど…。
宵風の願いとは別に、壬晴だって「宵風に消えて欲しくない」という願いがある。
でも、「宵風の願いの方が大事。宵風が決めていい」と決断を委ねてしまえるところが大人です。
このあたりについては、2人でもっと言い争うのかと思ってた。
壬晴は、宵風と一緒に生き続ける道を提案して欲しかったです…。


でも、そんな私の思いとは裏腹に、宵風に死亡フラグの影が( ̄ロ ̄lll)
考え抜いた結果、宵風の出した結論は「あるがままの僕でいさせて」。
頭が一瞬真っ白になり、一瞬EDテーマ曲が浮かびました(^_^;
そして、
「わずかかもしれないけど、残された時間を生きたいんだ」
というセリフを聞いて唖然。
ええ……えええ?!!!
そんな展開?!!そんな展開ですかーー?!!!
ちょっと壬晴、
即座に笑顔で「わかった」とか言わないでーー!!!
もうちょっと宵風を説得してよ!!
「森羅万象で救うから!」って言ってよ壬晴!!!!orz
宵風の言っている理由は理解できるけど…引き止めて欲しかった(T_T)


ここで妖精さんが大慌て。
でも、壬晴に拒絶されてあっという間に消えていきました。
……妖精さん、何だか随分あっさりと消えましたね…(;^_^A


「俺も一緒にいるよ。残された君との時間をここに刻んでおくために」
このあたりから、一気に凹んできました。
2人とも晴れやかな顔をしてますけど、私は欝状態です;;
まさか、宵風が近々死ぬと宣告された状態で最終回が始まると思わなかった…。
「何ですかこれは……」という小太郎のセリフ、別の意味で私も言いたかった(笑)



で、やっとタイトルが出て本編。
元気な笑顔の壬晴が印象的。随分変わりましたね〜!
表情が生き生きしてる。


次に英さん宅に集まる一同。
え……宵風?!!Σ(゚д゚;)
この宵風の姿に驚きました。
サイドの髪が伸びてる!!

ひざ掛けして編み物してて、何だか女の人っぽく見えた;
えーと……余計なお世話ですが、宵風は…黒い服の方が似合う気がする…?(笑)
宵風、とても穏やかな顔で笑ってましたね!!
これはホント嬉しいです。
やっと宵風に安息の日が訪れてよかった。


俄雨は剣道部に入ったんですね。
「少しでも雷光さんに近づければと思って」っていう理由が俄雨らしくていいですね〜!!(*^▽^*)
お守りの回想シーン、「あの場所をくまなく探したんだけど、雷光さんの姿はどこにもなくて…」って言ってましたね。
もしかして雷光はどこかで生きてるんじゃないの?って、ちょっと思ったりしました…。


虹一はそのまま変わらず生きるんですね!雷鳴も喜びますよv
小太郎の正体が、何だかよくわからなかったです。
「私という存在の本質は、歴代の風魔小太郎が書き記してきた森羅万象に関する文字と情報の中にある。あれこそが風魔小太郎であり、私そのものなのです」
ってどういう意味なんでしょう(^▽^;わ、わからない…;



買い物中の壬晴のもとへ、雪見さんと和穂さんが登場。
雪見さん、宵風に会わないんですか?!!( ̄□ ̄;)
何で……!!orz
再会シーンを楽しみにしてたのに。

宵風のことは壬晴にみんな託す、っていうことなんですね。
レモネードのレシピを渡していたのが何だか感動でした。それも、作り方にちゃんと「宵風は甘め、ぬるめを好む〜」みたいに書いてあったのが嬉しい!!
雪見さんはやっぱりいい人だなあ…。
しかし雪見さんたち、まだ灰狼衆にいるんですね…(^_^;
車内の和穂さんの「もしかしてこのまま助かるんじゃ?!」っていうセリフに、ちょっと期待してしまいました。ぬか喜びでしたけど(;´Д⊂



次に、宵風の自宅へ向かう宵風と壬晴。
最終回ももう終盤です。

パーカ姿の宵風が珍しいですね。
「一緒に来て欲しい」って言う宵風に萌えですw

そして、宵風を苦しめた鬼父が登場(怒)
宵風が「庭がとても綺麗で…」と言うところが、切なくてじーんときました…。
ちょっとした会話だったけれど、これで宵風は何か乗り越えられたんじゃないかなと思います…。

そういえば、宵風の性別の話は最後までなかったですね。
家族の間で何があったのかも、結局詳しくは説明されてない…ですよね?
何で殺されかかるほど家族に追い詰められていたのか、その理由は言ってましたっけ…記憶がないです;(もし説明されてたらすみません)
原作では、宵風が生まれたせいで母親が死んだらしいとか、性別のこととか理由がありましたが。
頭が悪いので、時々原作とアニメの設定がごっちゃになります;;
アニメと原作では、宵風の消えたい理由が随分違いますね。


そして、バス停で話す壬晴と宵風。

宵風が、どこか解放されたように笑っていて感慨深かったです。
「壬晴に会えてよかった」って言ってたところがすごくよかったです!!
壬晴に寄りかかってるし!!
このあたりのシーンが今回1番好きです。
でも同時に、すごく見ててつらかったです。
「もう少し休んだら帰ろう」
「うん、帰ろう」

という何気ないやり取りが、逆に悲しくなりました…。
そうやって、これから先もずっと一緒に暮らしていければいいのに。
今はこうやって一緒に帰れる場所があるのに、でも宵風は消えてしまう。
何でこのままでいられなかったんだろう。
どうして、2人が幸せに暮らし続けることができないんだろうって、そう考えると涙が出てきました。

そして、悲しげなメインテーマ曲とともにエンドロール。泣きました(T_T)
私としては、このまま終わってもよかったんですが……最後の最後でありました。恐れていたシーンが(嘆)


壬晴と宵風ののどかな日常。
そんな温かい時間に、宵風は穏やかな顔で空を見上げて

……消えて……しまいました……

il|li_| ̄|○il|li





マフラーを手にする壬晴に涙です…



最後宵風は、満たされた気持ちで逝くことができたんだと思います。客観的に見れば、幸せだったのかもしれない。
けど……

私はこんな結末嫌だ(T_T)

切なすぎる……!!!

宵風ファンの私はそれじゃ納得できないんです!orz
生きていて欲しかったです!!!
壬晴とずっと一緒に、笑いながら幸せに暮らして欲しかった……!!!



冷静に考えると、幼い宵風を唆して気羅を習得させた服部さんが1番の元凶ですよね…。
この結果を招いたのは服部さん……。
な、何だか急に怒りが湧いてきましたよ!!
あの人は絶対に許しません!(笑)
でも、宵風はそのことを後悔していないんですけれど >_<




もっと幸せな気持ちで最終回を迎えられるかと思ってました。
こんなに悲しい最終回になるとは。
原作があることだけが希望です。
原作で宵壬が幸せになってくれることを、今まで以上に願います、ホントに(><;)

でも綺麗な映像と音楽で、声優さんが絶賛していた通り美しい最終回でした。
それぞれのキャラの後日談もちゃんと書いてくれていたし(織田さんが行方不明でしたが;)、うまくまとまったお話だったと思います。




それにしても、アニメが遂に終わってしまったんですね。
話の流れや設定とか、雪見さんの性格とか、納得いかない部分も少しありました。先生の設定や壬晴の記憶に関しては、未だに疑問が残るところもあるのですが。
でも今となっては、それもアニメの個性だなあと思いますw
今まで毎週毎週本当に楽しかったです!!
来週からなくなってしまうのかと思うと本当に寂しいです…>_<


監督さん、声優さん、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした!!
素晴らしい作品をありがとうございます!!
悲しい話で終わってしまったけど、でも隠の王はずっと変わらず大好きです。
アニメDVDも買いますよ!(笑)



これからは、原作の方を期待しながら見守っていきたいです。
鎌谷さんのブログによると、原作の隠はまだまだ続いていきそうで、これからも楽しみです。
今後も末永く隠を応援していきたいと思います!!!(^▽^)/

長い感想を読んでくださってありがとうございました!!!



最後に、原作のネタバレを含む感想を載せます。
(こっちの方が本音が出てるかも;)
ネタバレ大丈夫な方のみ、続きを読んでやってください。
























今回の感想、原作ネタバレしないように書くのが大変でした(笑)
本当は原作の話を交えて書きたかったので。
誰でも読んで大丈夫なように書いたので、前と同じ感想があるのはスルーしてくださいね(^_^;


それにしても、ショックです…;
アニメはもっと違った結末になると思ったのに。
やっぱり原作の流れには逆らえないってことですかね?(T_T)
原作は壬晴が消したから、それに比べれば衝撃は少ない(?)…かもしれませんが。
でも、最後の終わり方は本当に悲しくて切なくて落ち込みました。


壬晴、どうして一緒に生きるために森羅万象を使ってくれなかったの?!とか、そのへんはGファン感想で何度も叫んだけど、また叫んでしまいました >_<
アニメの壬晴も、宵風の望みを叶えることを最優先にしたんですね…。


実際、アニメとしてうまくまとめることを考えると、あそこで「森羅万象を使わない」という選択をすることが重要だったんですよね。
あそこで壬晴が森羅万象を使っていたら、話がまとまらなかったかもしれないし;
先生のこともあるから。
ストーリー構成上仕方ないのか…と思う節もあります(^_^;
ですが、それでも敢えて宵風は消さないで欲しかった!!!
やっぱり、原作が今ああいう展開だからこそ、せめてアニメでは幸せになって欲しかったんです!


でも、原作9月号の時の衝撃があまりにもすごかったので、今回は「アニメもか…!」という感じで。すごく悲しかったけど、原作の時ほど泣きませんでした。
9月号はホントにどん底まで落ち込んで泣きまくったので、あれを経験してしまうと…。
というか、原作で宵風復活があると確信してるので、それがあるから耐えられたんだと思います(><;)
原作もアニメも死んで終わりだったら本当につらいけど、原作はまだ希望があるから!!(笑)
原作で、一刻も早い宵壬の再会を祈りたいと思います!!


それにしても今回、書きすぎて疲れました(^▽^;
何だかまとまらなくて、6時間以上書いてるような;(書きすぎ)
落ち着いて頭を整理しないと文がめちゃくちゃになるので。これでもまとまってないですが。
最後までお付き合いありがとうございました!!(*^^*)
















楼里 / 隠の王・アニメ感想 / CM(10)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0)

この記事に対するコメント

こんばんは(^-^)葵です。


私も見ました最終回…。
なんだか、胸に違和感を残して終わってしまった感じです(T_T)

アニメだけは、ハッピーエンドで終わって欲しかったです……。


鎌谷先生のブログに50話〈原作〉とアニメの最終回の幸せの感じ方の話しをしていましたが、私はどっちの終わり方も嫌ですっ!!(;_;)
特に原作っ!!


宵風は原作ではあんな風だから、だからこそアニメは期待していました…(T_T)


最後の壬晴の「忘れないよ…宵風、君のこと…」がヤバかったです……。


原作……宵風が復活しなかったら、すごくショックで…滝なみに涙してるかもです…。笑


私も原作の希望にかけてみます(ノ_<。)
それしか後がないですよね…;;;
長文またすいません;m(_ _)m


宵壬な結末を願って…!!
葵 / 2008.09.29(Mon)21:41
私信ありがとうございます…!

R2の最終話はうまくまとめたなぁ、とルルーシュが刺された際に思わず呟いてしましました。
ああいった形でのルルの死があったからこそ、心により深い感銘を受けることができたのだろうと思います。
実際にあの計画は不器用なルルらしくもありましたしね。
けれども、今まで肩身の狭い思いをし、苦い思いをしてきたてきたルルだからこそ、最後くらいはせめてもう少し優しい死を迎えて欲しかった…
…とか思ってしまうのは私がルル贔屓だからかも知れません(苦笑)

隠アニメ最終回はアニメが終わってしまったという事実とあのオチにより、心にぽっかり穴が空いた気分です。
楼里さんのおっしゃる通り、壬晴は宵風に関してもう少し粘って欲しかったです…
あっさりと話が進んでいっただけに、ああいった決断を下した壬晴の笑顔の裏の辛さや悲しさを考えるといたたまれなくなりますが…
宵風が穏やかな死を迎えられたのがせめてもの救いです。
…ルルとは違って。(しつこい)
そして慾を言うならば、壬晴が宵風にレモネードを作った際のエピソードを盛り込んで欲しかったです。(わがまま)

「宵風は俺の大切な友達だから!」という壬晴の言葉に関しては、
「寧ろお友達から始めませんか!!!」という脳内補足をしつつ視聴しました(死)

長文乱文すみません…!











/ 2008.09.29(Mon)22:55
隠もギアスも終わってしまいましたね;;
10月からの楽しみは00かなぁ〜。
リヴァイヴ・リバイバルというキャラで、斎賀さんがでるのですよ///
斎賀さんファンにはたまらない///

隠、宵風〜><
やっぱり森羅万象は使ってほしかったw
せめて、気羅を使っていなくても流れてしまう命なので、
森羅万象でその流れを止めて、残った寿命で生きてほしかったw
(本当は絶対生きててほしかったけど;)
そのほうが宵壬の過ごせる時間が長くなりますしw
・雪見に会ってほしかった
・壬晴のレモネードとお好み焼きを食べてほしかった
・マフラーを完成させてほしかった
の、3つをやってほしかつたです;;
テスト終わったところで、宵壬イラストをカラー塗りしてみました。
色々と失敗点を発見。後で修正しなきゃww
アニメ終わってしまって、あとは原作と斎賀さんで頑張っていきますよ;;
斎賀さん大好きすぎてもう毎日やばいです///
最終話感想書かないとw

アニメは終わってしまいましたが、これからも隠とかアニメのお話しましょう♪
彌牡 / 2008.09.30(Tue)20:00
こんばんわ。
最終回・・・宵風ファンにはきつかったですね(泣
観終わった後、呆然としてしまいました。
確かに綺麗にまとまってはいるんですけれど・・・・!!

壬晴が言った「友達」は宵風にとって凄く嬉しかったんでしょうね。
今までそんな接し方をしてくれた人はいなかったでしょうし・・・
壬晴と出会ってから、ですもんね 全て。

壬晴は確かに原作より落ち着いてますよね。
原作ぐらい「生きてほしい」と願いほうが14歳らしい気がするんですが。
自分の考えより大切な人の願いのほうが大事、って大人びすぎてる気も;;
言い争いぐらいしてほしかったです。

宵風の「あるがままの僕でいさせて」はEDが即座に思い浮かびますよね;;
あるがままでも悪くは無いけれど・・・・!
でもあるがままの自分でいられる時間をもっと持ってほしかったです。

宵風、髪伸びるの速いですよね・・・
サイドばっかり長い;;
でも宵風が安らげているようで少しだけほっとしました。

小太郎の本質って要するに
「風魔小太郎」は歴代の風魔小太郎が記した「情報」が次の風魔小太郎に受け継がれていくから「風魔小太郎」という存在は記された情報に本質があるってことですかね。
一人が死んでも次の小太郎が続きを記せるから、という。
・・・すいません、自分でも分からなくなってきました。

宵風のパーカ姿、っていうか黒コート以外の服装は珍しいですよね。
でもパーカーにキャスケットは似合ってる気がします。
そういえば確かに過去のこと全然やってないですよね;;
「殺されかけた」という事実があるだけで。
そこは描いてほしかったです。

バス停のシーンはホント素敵なんですけど悲しいです。
どうしてこんな穏やかな時間が続いてくれなかったんだろう、と思って仕方ない(泣

エンドロールで流れていた曲が「旅立ち」なんです・・・・
気付いた瞬間に固まりました(T_T)
皆は日常に戻っているのに・・・
ここで終わってくれればどんなに良かったか(泣

宵風の最後は確かに幸せだったんでしょうね。
最後の最後に「幸せ」を感じられて良かった・・・・
って終われるワケないですよっ!!!!(泣
私もこんな結末嫌です。
確かに「生の肯定」は出来ているけれど切なすぎる・・・!!
壬晴と一緒に生きていってほしかったです、ホント(TоT)

でも作品としては凄く綺麗にまとまっていましたよね。
スタッフさんに私も感謝です。
2期は無理そうですがドラマCDとか出してほしいです。
OVAでパロっぽいものをやってくれても良いですが(←
とりあえず壬晴と宵風が一緒に生きられるよう原作に祈ります(笑
では、ここで。
砂原 / 2008.09.30(Tue)20:16

9/22の22:55にコメントをさせていただきました…名前の入力し忘れすみません…

霜月 / 2008.10.01(Wed)00:07
>葵さん
お返事遅れてすみません;
隠の感想を大量に書きすぎて、昨日は目が痛くて(笑)

最終回、いろいろ違和感ありましたね;
原作があの状態なので、アニメは違う結末だと信じていたんですが(T_T)見事に裏切られてしまいました…

鎌谷先生のブログ、そんな話書いてありましたよね!私もどっちも嫌です!!(笑)
宵風ファンにとってはどっちも絶望的ですよ…orz
原作は特につらかったですよね。もう「悲しい」という感想しか浮かびません;

鎌谷さんの言い方だと、原作はまだまだ長く続きそうですよね。
それを考えると、もう1人の主人公である宵風がこのまま出ないのはあり得ないと思うんです。
だからきっと大丈夫ですよ!
原作に最後の希望をかけましょう!!(笑)
最後は絶対宵壬だと信じて(*^^*)
楼里 / 2008.10.01(Wed)10:40
>霜月さん
あ、霜月さんだなってわかったので大丈夫です!(^▽^)
また来ていただいてありがとうございます〜!


R2はうまくまとまってましたよね!あれは納得でした。
でも、ルルの死だけは納得しきれないですけれど(笑)←矛盾
不器用なルルらしいっていう霜月さんの言葉、すごく共感です!そうですよね…(T_T)
私もすごいルル贔屓なので、客観的な感想が浮かびません(^▽^;
もう少しルルが報われて欲しかった…

隠アニメ最終回は、宵風のことだけで一気にテンションダウンですorz
そうなんですよ!壬晴は宵風にもっと他の選択肢も提案して欲しかったです;;
結構静かに淡々と進んでいきましたよね…。
レモネードのエピソード、いいですね!!ぜひ見たかったです。

「寧ろお友達から始めませんか!!!」って、素晴らしい補足ですね!!ww
そのために生き続けてください宵風(笑)
というか、腐発言に突っ込んでくださった方、このブログで初めてですよ!
めちゃくちゃ嬉しいです霜月さん!!(笑)
あのセリフは宵壬妄想が膨らみます。

長文コメは嬉しいので、いくらでも書いてやってください〜!(^▽^)
楼里 / 2008.10.01(Wed)12:37
>彌牡さん
隠とギアスが終わって寂しいですよね;
私も10月からは00しか見なそうです。
あ、斎賀さん出るみたいですよね!!楽しみv
彌牡さん、斎賀さんファンだったんですか!いつの間に!(笑)
でもすごくわかりますよ、それ!
本当にかっこいいですよね〜!!声も性格も大好きです。

宵風に関してはホントショックですよね;;
本当に、少しでも長く生きて欲しかった…森羅万象、使って欲しかったです(T_T)
雪見にも会って欲しかったですよね!!
お好み焼きも、絶対あると思ってたのに。
いろいろ残念ですorz

そういえば、彌牡さんの宵壬イラスト見に行かせていただいたんですが、CGすごく上手ですね!!
私に美しいCGの塗り方(ペンタブの使い方)を伝授して欲しいです…本気で(T_T)さっぱりわかりませんww
綺麗で素敵なイラストでした(*^^*)

こちらこそ、また隠話につき合ってやってくださいv
今後の原作の展開も楽しみですね〜!
楼里 / 2008.10.01(Wed)12:49
>砂原さん
最終回、見ててつらかったですよね!!>_<
最後は唖然ですよ;何だかキラキラ輝きながら天に昇ってしまった…orz
綺麗に終わってるんですけど、宵風ファンとしてはすっごい悲しいですよ!!!

壬晴は宵風に、もっと頑張って言って欲しかったです…一緒に生きたいんだ!って叫んで欲しかった(T_T)
ホント、大人ですよね(^_^;
原作の壬晴の方が納得でした。「僕は君がいないといやだ。生きてずっと一緒にいようよ宵風」って言ってましたもんね。
最後宵風が消えた時も静かに受け止めてたし。壬晴……大人すぎる…。

宵風の髪は、ちょっと驚きましたw壬晴か雪見さんが切ってあげればいいのにって思いましたww
髪が長いと余計具合が悪そうに見えるのは私だけでしょうか(^▽^;

小太郎の本質…砂原さんの解説で何だかわかってきました!!(笑)ありがとうございますv
「風魔小太郎」っていうのは一個人を示すものではないっていうことですね。
そういう意味で自分の時間は有限ではないと。な、なるほど…。

宵風のパーカ姿は新鮮でしたよね!でもいつもの黒トレンチが1番好きですww
宵風の過去のこと、やってないですよね?
砂原さんにそう言っていただいて、自分の記憶に自信が持てました(笑)
宵風が消えたい理由は、本当にもう少し突き詰めて描いて欲しかったです。宵風の行動に説得力を持たせる意味でも…。

エンドロールで流れていた曲、「旅立ち」かなあって思ったんですが、やはりそうでしたか(T_T)
あの曲、すごい切ないですね…聴くだけで悲しくなります。
消えるシーンは見せないでここで終わって欲しかったです;
そしたらまだ希望が持てたのに(笑)

監督の言う「生の肯定」がこういう形で表現されるとは思わなかったですよね;
生き続けることが1番生の肯定になると思うんですけど…。
宵風が幸せでいられた時間があまりにも短いです;;
人並みに生きて欲しかった…逝くには早すぎますよ!!

と文句を言いつつも、アニメは大好きだったので、終わってしまったのはすごい残念です(>_<)
ドラマCD、私も出して欲しいです!!絶対買う!!ww
OVAパロもいいですねw
鎌谷さんブログで、とある企画が起ち上がっているって書いてあったのは何でしょうね?すごい気になってます。
原作で宵壬が幸せになってくれることだけが願いです…!
楼里 / 2008.10.01(Wed)18:55
突然すいません。しかし隠の王アニメ最終回に私も同じ気持ちを抱いたもので…

あの最終回は、私には許せない。
作り直してくれとも思いました。
あんなのはハッピーエンドでも何でもない、なりそこないです。

宵風には生きて欲しかった。
生きるべきだった壬晴と共に!!

幸せなていを装っただけの最終回に私は耐えられない。

なんで、どうしてと考えてしまいます。今でも。

遠藤 / 2014.06.16(Mon)00:58
コメントする