スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0)
<< 逆転検事2プレイ感想(第4話) | main | 「逆転検事inジョイポリス」に行きました! >>
逆転検事2プレイ感想(第5話)

かなり遅れましたが、逆転検事2プレイ感想・第5話です。

忙しくてなかなか更新できずすみません(>_<)

では、逆転検事2の最後の感想です。
重要なネタバレがあるのでご注意ください。








さすがに最終話は面白かったです!!
今までのいろんな伏線が綺麗に回収されて、とてもいいお話でした。


最初から、いきなり大統領は死ぬし、また新しいボルモスとかいう特撮怪獣は出るし、すごい展開でした;
黒幕と話をする場面では、黒幕が誰なのか全然わからなかった。
いつまでもヤタガラスのバッチが証拠品として持ってるのは何でかな?と思ったんですが、まさか盗聴されてたとは!


一柳検事のロジックチェスは、何だかかわいそうで切なかったです。
こういう雰囲気のロジックチェスは初めてでしたね。
相手を元気づけ立ち直らせるために使われるとは。
みっちゃんは、言葉は厳しいけど優しいです(*^▽^*)


法廷に一柳検事が駆けつけてきて、証拠品のことを告げた時、感動しました。
成長しましたね…!!
みっちゃんと一柳検事が協力して万才を追いつめるところがよかった。
勇気を出そうと頑張る一柳検事と、それを支えて後押しするみっちゃん。
検事として協力しているだけではなく、友情にも似たものを感じました。
そして、万才の最期に一柳検事が告げた「今までありがとう。さようなら」
…泣きそうになった!(T_T)
そう、子供は親の知らないところで成長しているんですよね!
それにしても、逆裁シリーズは父親に恵まれないキャラが多いです。罪を犯してしまったり、亡くなってしまったり…。それでもみんな、それを乗り越えて強く生きていますよね。


シモンが救われて、水鏡裁判官が一気に気持ちを取り戻した瞬間、やったー!って思いましたね!
やっぱり凛々しい水鏡さんがかっこいい。


中編以降は、新事実が次々と明かされていって、目が離せませんでした。
影武者話は伏線があったので、どこかで出てくると思ってたんですが…まさか彼が犯罪の主犯格だったなんて!
確かに、狼さんが敬っている王さんと1話の王さんは、随分イメージ違いますもんね…。
その時点で気づくべきでした。本当にうまくできてるなあ、この話!

冥ちゃんは、入手が難しい資料を、みっちゃんのために無理して持ってきてくれたりして…。このツンデレ具合がたまらないです(笑)


そして、氷堂と風見の息子は意外な人物でびっくり。
それも、真の黒幕が意外な人で、えええー?!!って感じでした。そこに来るとは思わなかった。
そういえば、やけに出番が多いなあとは思ったんですが……そうか、そういうことだったのか。
やられた!って思いました(笑)
黒幕は随分と性格変わっちゃって、まるで別人でしたね。

この真犯人と了賢との絆も、また面白かった。
暗殺者を信頼する真犯人と、真犯人を守ろうとする暗殺者。不思議な巡り合わせですね。
ここでコロシヤがやってきて、了賢と対決するところもよかったです!!
ラストはもう驚きと感動の連続でした。
最後のみっちゃんの決意もじーんとしました。


全体が1つの話としてうまく繋がっていて、本当にいい話だったです。
久々に傑作ゲームをやった!って思いました。すごくすごくよかったです!!
こんな感動できたのは逆転裁判3以来かな。
前作の逆転検事1に比べて、断然パワーアップしていましたね。
買ってよかった!!
素晴らしいゲームをありがとう!!ってスタッフさん全員に言いたくなりました。
やっぱり逆転シリーズ大好きだ!!(4除くw)


スタッフのみなさん、本当にお疲れさまでした!!
また次回作も楽しみです(*^▽^*)



ところで、カラオケパセラで逆転検事2のメニューがあるらしいので、近々確かめに行きたいと思いますw
またブログに載せますね。
楼里 / 逆転検事2 / CM(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0)

この記事に対するコメント

コメントする