スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0)
<< 隠の王最終回読みました…!!! | main | 隠の王最終話「君に、おかえりを」感想 ≪後半≫ >>
隠の王最終話「君に、おかえりを」感想 ≪前半≫
Gファンタジー9月号・隠の王の最終話「君に、おかえりを」の感想≪前半≫です。

あまりにも文章が長くなったので、前半と後半に分けました(^^;)










森羅に対して壬晴は、
「俺はもう君の力に頼らない。
例え帷先生を…失うことに…なっても」

と、はっきり告げました。
すると森羅は、
「選びとった未来に、悲しさと喜びが広がっているわ。
本当に面白いヒトね。あなたも旭日も」
そう言って壬晴の傍から離れていきます。


それを聞いた虹一は是空を使い、森羅万象を消し去ろうとします。
何で?と思いましたが、虹一としじまは、以前暁と約束をしていたそうです。
隠の世が自分たちを追いつめるようなことがあったら壬晴を守ってくれ、と頼まれていたのです。
その10年前の約束は、旭日さんによって記憶が消されていたため、今まで忘れていたそうです。

正直、いきなり約束の話が出て驚きました…。
ぺ、ページが足りない感じがしてきました(^^;)

虹一は言います。

「死を願ってた。今も望んでる。
でも心の奥底で、暁との約束がその望みの鋭さを削いでいる。
壬晴君に秘術を使って欲しいのも本当。使って欲しくないのも本当。
ふわふわと矛盾を抱えるこの気持ちがなんなのか、ようやくわかったよ。
僕らは命を懸けて死を望み、心から諦めていたんだ。
壬晴君が秘術を受け継いだその時から―――」


約束自体は忘れていても、虹一たちの心のどこかで引っかかっていたんですね。
壬晴が「無関心でいて」という約束を無意識に覚えていたみたいに。
一方森羅は、その場から去ろうとします。

「私を使わないと決意したヒトに、いつまでも留まる意味もない。
是空がミハルと私を分かち、私は森羅万象の縁を離れて一人永遠を彷徨う―――― それも悪くないわ」


すると、虹一としじまが森羅を追いかけます。

「お前を一人で行かせはしないさ。
君によって生まれた人間としての僕らも、そろそろ君のもとへ帰る時だろう。
本来の願いは叶わないが…まあ仕方ない。
我々は長く生かしてもらった。
母の傍で眠れるなら、それも良いさ」


え……ええ?!!Σ( ̄ロ ̄lll)
眠るって?!!
ちょっと待て虹一、しじま!!

虹一は壬晴にお別れを言います。

「君が君の意志で進む道を選び取ってくれて嬉しいよ。
君が森羅万象の所持者で良かった。
だから迷ったりしないで、僕らを見送ってほしいな」


虹一、雷鳴はどうするんだ雷鳴は!!と思って焦りました。
しじまは、以前壬晴から見せてもらった石を手にします。

「このイシの様に姿を変えて――いつかどこかの未来で、またお前に逢おう。
人間の心を持った時…絶望しかなかったものだが…
まあ、悪くない。人間も」


最後までしじまらしい言い方ですね。
この時のしじまの表情がすごくよかった。
よかったけど……すぐ消えることないじゃないかーー!(>_<)
展開早いよっ!

最後に雷鳴が虹一と向き合います。
雷鳴は「元気で」と、一言だけ言います。
虹一は「雷鳴さんも」と言って、消えていきました……


………………


……ちょ、これ、これで終わりって!!!
虹一・雷鳴カプが大好きな私には大打撃でした;;
生涯のお別れが、こんなあっさり……!!orz
虹一、最後もっと雷鳴に何か言って欲しかった!
というか、私は雷鳴と一緒にいてくれると思ってた。まさかいなくなるなんて思わなかった;
最後に、人として雷鳴と暮らしていくと思ってました。
それくらい、虹一にとって雷鳴は大切な人だと思ってたのに!
森羅と一緒に眠るのは、雷鳴と暮らした後だっていいじゃないーー!!(>_<)
雷鳴をおいていかないで!
残された雷鳴の思いを考えると、すごく切なくなります。雷鳴がお別れの言葉を考える暇もないくらい、あっという間に行ってしまって…。
せっかく今まで、虹一と雷鳴のいろんなエピソードがあったのになあ。



そして、森羅は最後に壬晴に話しかけます。
「ミハル。受け取るか受け取らないかは、あなたの心次第だけれど。
苦しみながら、私を思い出してね」

何のこと?と思ったら……

こ、これは……宵風の気配!!(笑)
読みながら一気にテンションあがってきました。

壬晴の中で、宵風が消えた時の記憶が徐々に戻ってきます。

「間に合わなかったんだ。
死が先に。存在を消す前に」


え……
宵風が消えたのは、死んだ後だったんですか!
だから森羅が、「間に合わなかったけど」と言っていたんですね。

ここの壬晴の気持ちが断片的で、ちょっとわからなくて。
何度も読んだんですけど、明確に理解ができない…。
はっきりわかった方、ぜひ教えてください(>_<)
宵風の命を戻さなかったのは、どういう理由だったのかな…?


宵風の望みは、死ぬ前に消えることでしたよね。
でも、秘術発動前に宵風は死んでしまい、宵風の望みは叶わなくなった。
だけど、壬晴はその後に宵風の存在を消してしまった。それは、壬晴が自分のためにやったことで。
第51話で壬晴が言っていたように、「宵風の記憶や思い出や形が残っていたら、生きていられなかった」から、宵風の存在を消した…っていうこと?
壬晴が宵風の死を受け入れられなかったから?
なんか混乱してきました;

でも壬晴は、本当は宵風のことを思い出したかった。
この食い違いがあったから、壬晴は寂しくて仕方なかった…っていう理解でいいのかな?



話を戻します。
壬晴が宵風のことを思い出すと同時に、他の人たちにも宵風の記憶が戻っていきました。
英さんのところには宵風の帽子が現れて……


そして、壬晴は宵風と再会しました!!!



よ、宵風ーーー!!!!!

嬉しすぎるよー!!!ついに宵風が出てくれた!!!!
会いたかったよ宵風ーーー!!!!(ノДT)
この時をどれくらい待ったことか!!
絶対最後に出てくれるって信じてました!!!


再会シーンがカラーページになっていて、本当に素敵でした…!!
見開きカラーで壬晴と宵風が抱き合ってて、ぎゃあああ!!!って叫びたくなった(笑)
壬晴がすごく幸せそうで…。
久しぶりに見た宵風は、本当にかっこよくて綺麗だった(T_T)
懐かしくて嬉しくて感動して、宵風のページを何度も読み返してしまいました。
ホント宵風が好きなんです…!!愛してる宵風!!!

壬晴は英さんのマフラーを宵風に巻いてあげました。
そして、「俺はもう大丈夫。ありがとう宵風」と語りかけます。

すると宵風の後ろに扉が現れました。
宵風は扉を開けると靴を脱いで(←ここがまた泣ける)、部屋に入ります。
そう……ここは雪見さんの部屋です!!
宵風が「ただいま」と告げると、パソコンに向かっていた雪見さんが振り返ります。

「おう。おかえり」

このシーン、泣けました……!!!

宵風は雪見さんの家に帰って来れたんだ。
宵風は戻って来てくれたんだ……!!!
よかった……本当によかった、宵風!!!
そう思いました。
この時点で、私は宵風が復活したのだと思ってました。
嬉しくてたまらなかったのに、でも最後で衝撃を受けました。



長くなってきたので≪後半≫の記事に続きます。
最終回の話自体はもうすぐ終わりです。
楼里 / 隠の王・Gファン感想 / CM(5)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0)

この記事に対するコメント

私も昨日読みました!
宵風、すっごい美人でしたね。壬春も笑顔でラブラブで、しかもカラーで、本誌買っててよかったなぁと思いました。
(あのままちゅーすればよかっ…自重!)

宵風、靴脱いでましたね!

皆の、宵風の記憶が「おかえり」なのかなぁ…なんて想像しました。


虹一は、あれでよかったと思いました。
雷鳴に死ぬところを見せないで済んだし、しじまの言葉からも再会の含みも残せたと思うので…。

私は猫飼いだからか、しじまのシーンが涙涙でした(;_;)


欲を言えば、やっぱりあと数話読みたかったのと、最後に旭日さんの姿も見たかったです。

あとはシンラさんが意外と素直というか、悪いキャラじゃなかったんだ…と思いました。

第一話を踏まえた絵もあったように感じたです。

一巻から読むと大分絵柄が違って「!」て、なりました…(^_^;)


私的には、ハガレン最終回より納得できました。

長々とすみません?
紅月 / 2010.08.21(Sat)15:48
壬春じゃなくて、壬晴でしたっ(>_<)

不覚です;
紅月 / 2010.08.21(Sat)16:00
>紅月さん
宵風、綺麗でしたよね〜〜!!
見ててうっとりでした(笑)
これは本誌を買ったかいがありましたよね!
もうラブラブでしたよねww
引き離された恋人同士が再会したような…(←

宵風、靴脱いでたところが驚きましたよね!

虹一の最後は、なんかあっけなくて…。
同じ終わらせ方にしても、もう少しページを取ってほしかったです;あのページ数じゃ仕方ないですけどね;
永遠を彷徨うというのがどういう状態かわかりませんが、しじまの言葉通りにまた壬晴と出会える日が来るといいですよね。

森羅、意外とすぐに壬晴のことを諦めましたよね。もっともめるかと思ってました。
壬晴の中にいたから、壬晴の決意の大きさがすぐわかったんですね。
ホントに意外と素直でしたよね。

1巻の絵とは随分変わりましたよね…。
今の絵も好きですが、昔の絵も好きだったなあー。

紅月さんはハガレン最終回よりよかったですか!
私は、1つの作品として漫画全体を見た時に、作品のバランスとして隠は残念な結末だったなあと…。
もっとページを取って描いてくれれば納得だったんですが…
コミックスに期待ですね!(*^▽^*)
楼里 / 2010.08.23(Mon)23:11
初めまして^^本当に今更ですが失礼します・・。
虹鳴を検索したらここに辿りつきました!
この2人大好きでしたので最後さらっっと思ってしまって残念でした・・・;;
もう少し絡みをっ・・・!

あと宵風さん美しすぎますね・・。
壬晴と再会できてよかった!(*ノ-;*)

あと全く関係のない話なのですが、
MY LITTLE LOVER の「Hello, Again 〜昔からある場所〜」をいう曲があるのですが、歌詞が虹鳴(宵風&壬晴もかな)っぽいなぁ〜と。

虹一・雷鳴もどんな形でもいいから「また逢ったね」とかいって再会してほしいです・・。

それだけです(;´Д`A ```ごめんなさい。

もう年末だというのにコメント失礼しました。
りんご / 2010.12.26(Sun)15:57
>りんごさん
お返事が大変遅くなってすみませんでした(>_<)

虹鳴がお好きなんですね!
私も好きなんですが…最終回のこの扱いはショックを受けましたよ;
あっさりと別れてしまって…。
納得いかない終わり方でした。
どう考えてもページ足りないですよね;

マイラバの「Hello, Again」、懐かしいです!昔好きでよく聴いてました。
虹鳴っぽいんですね。
今度久しぶりに聴いてみます(*^▽^*)

隠の最終回からかなり経ちますが、未だにこの終わり方は落ち込みます…。
コミックスでどうなっているのか、怖いけれど楽しみです(^^;)
楼里 / 2011.01.10(Mon)19:47
コメントする