スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0)
<< 隠の王アニメDVDセット発売 | main | 隠の王最終回読みました…!!! >>
鋼の錬金術師26巻感想

鋼の錬金術師26巻を買いました!!

今回も本当に面白かった!!壮絶な展開続きでした。
感想を書きます。










いよいよここまで来たか、って感じでした。
見所が多い巻でした。


ブラッドレイの最期のシーンが特に印象的でした!
自分の思うように動かない人間たちと戦うことで、自分らしく生きられたんですね。
敵だけど、よかったなあと思ってしまいました。
王としてのプライドや奥さんへの思いなど、ホムンクルスも人間のような自我があるんですよね。
もともとブラッドレイは人間でしたけど…。

ハガレンは、敵側も強い信念を持っているところがいいなあ。
ブラッドレイは存在感があって、心に残るセリフも多かったです。イシュヴァール戦の時のセリフとか好きだった。


あと、エドとセリムの戦いも迫力がありました!!
ここでキンブリーが出てくるところも最高!
キンブリー、あっさり取り込まれてしまったかと思ったら、最後にちゃんと見せ場があったんですねー。
こういうところが荒川先生すごい!
キンブリーの言うセリフがあまりにも彼らしくて、説得力がある。彼もいいキャラだったよなあ。
帽子を振りながら消えていくところもよかった!
セリムはどこか幼いままなんですね。その容姿の通りに。


それにしても、スカーのお兄さんはすごいことを考え付いたものですね。
すべてのキャラが一丸となってお父様に立ち向かっていくところが圧巻です。
荒川さんは本当に神すぎる…!!毎回そう思います。
かと思うと、おまけ漫画やカバー裏は笑えるしw
老眼も面白かったし、裏表紙が特に笑いましたwwヒトバシラー、5人の意味ないwww



ついに次の巻で終わりなんですね…寂しいよ…( TДT)
次巻は11月22日発売予定で、外伝も収録されるそうです。
早く次を読みたいけど、終わりを見るのは悲しいし、複雑です。
楼里 / 漫画 / CM(0)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0)

この記事に対するコメント

コメントする