スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0)
<< Gファンタジー8月号 隠の王について | main | 隠の王アニメDVDセット発売 >>
隠の王第71話「あなたに、お別れを」感想
Gファンタジー8月号・隠の王第71話「あなたに、お別れを」の感想です!










しじまたちは森羅に、不死から解放するように迫ります。
それに対して、森羅は「それは壬晴次第」と答えます。

一方、先生はもう瀕死状態でした。
森羅は、先生を助けるため壬晴に秘術を使うように促します。


その時、残っていた風魔忍と傘が襲いかかってきました!
首領(小太郎)は死んだけれど、「秘術所有者の確保」という任務はあきらめていないようです。
「慾こそが世の原動力である以上、隠の世には秘術が必要なんだ」
そう言う忍たちに対して、加藤さんが止めに入ります。

「長の道具たる忍が、本質を忘れ慾に動こうと言うのか!
そんな愚かな気概のはびこる隠の世なんて、ここでついえたほうがまだましだ」
「他所の里の者達にこれ以上の見苦しい姿をさらすつもりか。
…恥を知りなさい」


おおおっ!!加藤さんかっこいい!
この言葉を聞いて、加藤さんの考え方がわかりました。
忍は「長の道具」だから小太郎に従っていたわけですね。

加藤さんに諭されて、風魔忍と傘は姿を消しました。



そして、壬晴と森羅は話を続けていました。

森羅に言わせると、智の力を扱うことは、たいしたことではないようです。
「人間の起こす混沌なんて、森羅万象においては波紋さえ立たないほどに微かな変化でしかない」とのこと。
そして、すべての事柄は必然であり、森羅万象の輪の中で起こるべくして起きた事象だと。
こういう考え方は、もはや神の視点ですよね。
人間を上から見ている感じ。


けれど、森羅は以前人間だったそうです。意外!
戦国の隠の世で、忍の闘争に巻き込まれて森羅は殺されたそうです。(当時は森羅という名前じゃなかったと思いますが)
そして、気づくと今のような存在になっていたらしい。
どうして森羅がそうなったのかはわからないですが…。

森羅の役割は、「秘術」森羅万象とヒトを結ぶ者である「選定者」だそうです。
選定者から選ばれ、智の一端を扱うことを許された者が、「秘術の術者」……つまり壬晴です。


秘術を使うように言われて、壬晴の心は揺れていました。
先生に、もう秘術は使わないと誓った。
だけど、先生には死んで欲しくない。

「いやだ。 もう失いたくない。 無くしたく ない。 二度と」

そう願った壬晴は、深い水の中に落とされます。

「ああ。また来たのか。また水の底に」

この声は……一体誰なんでしょう?
「また」ってどういうこと?

すると突然、壬晴の左掌に傷痕が現れました。
こ……これは、宵風に撃たれた気羅の傷痕です!!

よ、宵風ーーー!!!Σ(゚д゚;)

壬晴は宵風の記憶は戻りませんが、無意識にそれが大事なものだと気づいたみたいです。
傷痕に向かって「消えないで」と願います。

これは…宵風復活の暗示ですか?!
お願い、復活して!!!(>_<)


壬晴のもとに、雷鳴や雪見さんたちの呼び声が聞こえてきます。
その声に導かれるように、壬晴は水の底から浮上していきます。

「帷先生が悲しむような救いじゃいけないんだ。
一緒に『良かった』って言えないと、救われた人は救われない。ばあちゃんがそう言ってた。俺もそう思ってる。
もう誰も裏切りたくない。
誰かの為じゃなく、俺の為に」


ついに壬晴は心を決めて、森羅に告げます。

「森羅。俺は君の力を使わない」

ここで今回の話は終わりでした。


何だか今月号も怒涛の展開でした。



読んでまず思ったのが、「あと1話で終わるの?!」でした(^_^;)
これは…結構大変な気が……;
いろんなことが残ってますよね。


一季さんや雹華はどうなるんでしょう。簡単に野望を捨てるとも思えないし。
壬晴が秘術を使わない選択をしたということは、虹一やしじまは不死のままってことですよね。虹一たちは、それに対してどうやって心の決着をつけるのかな。
アルヤのメンバーや、織田さんたちはもう出ないんでしょうか。(すばるたちは壬晴に協力してくれるっていうから、もっと出番があるかと思ってました;)
何より、先生の死をみんなが受け入れなくてはいけないし。英さんとかも…。
他にも、描く内容は本当にたくさんありそうで。
でもあと1回だし……どうなるんだろう;


先生については、まさかこんな結末になるとは思いませんでした。
先生…本当に死んでしまうんですかね。
今の時点で瀕死状態なのですが、壬晴がこうやって決心したということは、死んでしまうということで……。
うう、先生……!!!(T_T)

でも、先生は後悔してないと思います。小太郎を倒し、壬晴を守ることができたから。
先生は先生なりに、忍としての信念を貫いたわけですよね。
立派な忍だったと思います。

タイトルの「あなたに、お別れを」は先生のことだったんですね。
それと、森羅に対しても言ってるのかも。森羅と決別するという意味で。


そして宵風です!!
今回の展開から考えて、おそらく壬晴は宵風の存在を思い出すと思うんです。
私としては、そこをたくさん描いて欲しい(>_<)
宵風が復活して、壬晴とお好み焼きを食べて欲しい!!!
2人で幸せそうに笑ってるところが見たいんです!
あと、私は宵風と司の絡みが絶対あると思ってたんです。あれっきり司がそらに会えないのは悲しすぎると思って。
宵風が復活して、司と話す場面があるんじゃないかなあと思ってました。
でも、そこまでページがなさそうな予感(^^;)


最終回、いろんな意味で不安になってきました;


こうやって感想を書くのもあと1回か…。
本当に寂しくてたまりません。
どんなラストになるかわかりませんが、大好きなこの作品を最後までしっかり見届けたいと思います。
楼里 / 隠の王・Gファン感想 / CM(2)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0)

この記事に対するコメント

こんばんはです。
やっとGファン買えました!

なんだか急展開すぎて、ほんとに次で最終回!?と思いました…。
ハガレンみたいに急に最終回だけ完璧なハッピーエンドも微妙だなぁと思うので、あと3話くらい読みたかったです…。

加藤さんって、意外と風魔で力あるんですね(*_*)←失礼。
かっこよかったです!

何にしても帷先生がっ…!
英さんはそこまで覚悟してたんでしょうか;

宵風の存在を思い出したっぽいですね!

宵風っ(ノ△T)


司に会いに行ったときから結構経ってる感じがしますが、作品の中ではつい最近なんですよね…。


鎌谷さんのtwitterを読んでて、現在進行形で最終回があるのが超気になります;


「隠の王」が終わったら、Gファン買うか迷います…。


紅月 / 2010.07.23(Fri)22:40
>紅月さん
お返事が随分遅くなってしまってすみません!

隠、本当に急展開すぎますよね;
これで最終回ってちょっと無理ですよ!
コミックスの収録話数に合わせて無理矢理終わらせたの?って気もしてきます;

絶対消化不良な感じに終わりそうで怖いです。


加藤さんが意外なところで活躍してくれましたね!

宵風の存在を思い出しただけで終わらないといいんですが…
ちゃんと復活してくれますように(>_<)


私は隠が終わったらGファンは買わないですね(^_^;)
毎月の楽しみがなくなってしまうのが悲しい…
楼里 / 2010.07.28(Wed)20:14
コメントする