スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク / - / CM(0)
<< Gファンタジー7月号感想(隠の王・パンドラハーツなど) | main | 隠の王13巻が衝撃!!! >>
隠の王第70話「想いの帰るところへ――――白澤」感想
Gファンタジー7月号・隠の王第70話「想いの帰るところへ――――白澤」の感想です!!












前回のラストで清水兄妹が来てくれて、壬晴たちと久々の再会です。
じゃれ合う雷光と雪見さんが面白かった(笑)
相変わらず仲いいなあ。

そこへ、罠を抜けて白澤の2人がやって来ます。
しじまが雷光に「トドメは刺したつもりだったがねえ」と言っていましたが、これは嘘みたいです。
雷光は、しじまたちに倒された直後に偶然サラバに助けられ、偶然傷も急所を外れていたそうです。
つまり……偶然じゃなくて、しじまはもともと殺すつもりはなかったんですね。しじまらしいやり方です。

一方、先生は倒れたまま動きません。
すると、サラバが駆けつけてくれました!!
サラバは壬晴の味方になってくれるようです!よかったーー!

雷鳴は小太郎に襲いかかりますが、難なくかわされてしまいます。
小太郎は雷鳴に言います。

「己の信念とやらに従って好き勝手やっていたあなた達兄妹にとやかく言われる筋合いはありませんねえ。
騙し騙されが隠の世。清水家は真実を見ぬけぬ番人だったということです」


これは清水家にとってはこの上ない屈辱の言葉です。
でも、雷鳴は答えます。

「もうなにが本当か嘘かなんてどうだっていい。
清水家だって風魔だって…関係ない。
私は壬晴のためにここに来た。それだけだ!」


かっこいい!!!
私、雷鳴のこういうところが大好きです!!
彼女もいろいろ考えて、この結論に辿り着いたんですね。
思えば、前から雷鳴は壬晴の一番の味方だったよなあ。
壬晴が灰狼衆に入ろうとした時もずっと壬晴に力を貸してくれてたし。宵風のことも理解しようとしてくれてたし。
壬晴を守ろうといつも頑張ってくれて、ホントに真っ直ぐないい子です(><)


サラバも小太郎を諌めようとします。
でも、当然小太郎は聞き入れません…。
サラバは親の代からずっと小太郎のもとにいたそうですが、小太郎の企みなんて全然知らなかったんでしょうね。


そして壬晴から是空を奪った小太郎は、是空を発動しました!
壬晴から智が流れ出ていきます。

「このままでは是空の力でつぶれ消えてしまいますよ。
いいのですか?…シンラ。
さあ、私のもとへおいでなさい」


小太郎はそう言って秘術を自分へ招き入れます。
ついに森羅が現れ、小太郎の中へ智が流れ込んできたその時―――

先生が、小太郎の首を刺しました!!!

先生……!!!Σ(゚д゚;)

智を得られる喜びで、小太郎は油断しきっていたんでしょう。
再び智は小太郎を離れていき、小太郎は見る見る憔悴していきます。
まるでミイラのように老いた姿になり、倒れてしまいました。

先生、すごいです!!!

先生が小太郎を倒しましたーーー!!!!

ひどい傷なのに、壬晴を守ろうとする一念でやってくれたんですね。
先生かっこいいです!!!


それにしても小太郎の倒れた時の姿……
あれが本来の姿だったんですね。あまりにも老いすぎた不気味な姿。
見ていて恐ろしかったです。
これで加藤くんも車椅子係退任ってことで、壬晴側についてくれるでしょうか?(^_^;)


行き所をなくした秘術は、再び壬晴のところへ戻ろうとします。
今こそ是空を使う時ですが、先生はもう立ち上がる力もありません。
その時、虹一が先生に何かを語りかけます。
ここで2人が何を話したのかはわかりません。
虹一は是空の書を持って森羅のところへ近づきます。
もしかして、虹一が是空を使ってくれるんでしょうか…?!

「返してもらうよ…僕らの『死』を」と虹一が話しかけると、

「一秒ぶり?それとも千年ぶりだったかしら。
また逢えて嬉しいわ。私のこども達」
と森羅が答えます。

そう、虹一としじまは秘術で作られた存在なんですよね。森羅にとっては子供なのか。
今更ですけど、森羅としじまが似ていた理由がわかりました;
森羅から作られたから似てるんですよね。

ここで今回の話は終わりです。



最近、隠は毎回驚きの展開ですごいですね!

小太郎がこんな早く死ぬとは思わなかった。先生が大活躍でしたね。
先生と小太郎は最後まで対照的でした。
そういえば小太郎が以前、先生のことを「昔は私もあなたのように真っ直ぐな若い心を持っていたのですけれど――」と言っていたのを思い出しました。(第9話)
小太郎はもともとは先生と似ていたのかもしれないですね。どこであんな風に歪んじゃったんだろう。

こうなるとラスボスはやっぱり一季さん?
今後は彼女が風魔の首領になるんでしょうか。

それと、やっぱり虹一たちは死にたいのかな。
でも森羅が簡単に虹一たちの願いを叶えるとは思えない…。



次は26日のコミックス発売ですね。楽しみです!!
楼里 / 隠の王・Gファン感想 / CM(2)
スポンサーサイト
スポンサードリンク / - / CM(0)

この記事に対するコメント

また来ちゃいました!彩音です。
ここで小太郎死んじゃうんですね!!
驚きですっΣ
ってか先生が殺すとは・・・予想外でした。
立場的には当然なのかもしれませんんが、性格からしてあとで後悔しそうな気が(・・;)
心配です。

雷鳴カッコよすぎですね☆彡
やっぱこういうトコが大好きですっ♪
サラバが敵についてなくてホントに良かった!
もしも風魔がみんな敵だったら雷鳴がスゴイショックじゃないかな〜って思ってたんです・・・。

虹一達はまだ死にたいと思ってるんですよね。
苦しいのは分かりますが・・・死んでほしくないです。特に虹一には雷鳴がいるんだから!

一季さんにも注目ですね。
ってかまだ目が開いた彼女を見てないんですよww
13巻待ち遠しいっ!!!

なんかくだらない感想を長々とスイマセンでした!
これからも出没するかも・・・
よろしくお願いしますww
彩音 / 2010.06.23(Wed)21:59
>彩音さん
こんにちは!

小太郎、まさか先生が殺すとは思いませんでした。
ヘタレの汚名返上で大活躍ですね(^▽^;)
確かに、目が覚めて冷静になったらいろいろ後悔したりして…。先生ならやりそうです。

雷鳴かっこいいですよねー!!
雷鳴ファンとしてはたまらない展開でしたv
サラバと十字は味方だとわかって安心しましたよね。
風魔の中でも、小太郎側についていない人も結構いるのかもしれないですね。

虹一としじまはどうなるんでしょう(>_<)
ここで虹一が死ぬような展開になったら、絶対雷鳴が止めそうです…。
雷鳴のために、虹一はこれからも生きて欲しいですよね。

目が開いた一季さん、あまりにも美人でびっくりですよw
13巻、今日発売ですね!楽しみ〜!


長文感想は大歓迎ですよ!
いつでも気軽に遊びに来てください♪
楼里 / 2010.06.26(Sat)09:45
コメントする